So-net無料ブログ作成

昨日の練習 [練習内容]

忙しいので簡単に。
◎姿勢をちゃんとして歌う。テキトーに歌い出さない◎
◎言われたことを忘れない◎
◎言われたらすぐできるのなら、最初からやれ◎
◎楽譜から目を離し、指揮者を見る◎

以上の点を必ず守ってください。毎回毎回言われています。
指揮者に同じ注意を受けないようにこのブログを書いているわけですから、活用してください。

【うたをうたうとき】【おんがく】
ピアノであっても体はフォルテ。小さい声は体が緩んでいても出るが、それではダメ。「わたしは~」のところなど、上がるにつれて大きくしなうようにする場合も、引くのではなく、体は保ったまま、息の出し方で調節。
「うたうとき」のあとでブレス(二箇所とも)
「からだをぬいで」ワンフレーズ カンニングブレスをもっと上手に。
「なって」促音が見えないので、わずかに間が入る。「て」フォルテのままだが、押さないで。
後半のダイナミクスはもうちょっと大げさに。
【うたをうたうとき】では「す」【おんがく】では「い」で伸ばすことが多いので、その発音を深く。
「みみをふさいで」ここのたたみかける感が鈍い。積極性を。

【祈り】
テヌートのところ、もっとちゃんと長く。
全体に何とかなってきたので(少なくとも最後までいった)、音、リズムの精度を上げる。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。